tomatokechup
datebase : Others > TOP
 
徹子の部屋 【てつこのへや】

【分類】 [テレビ出演] [バラエティ番組]
【関連語】

【レビュー】  →追加
(1) ◆基本情報
2005年6月8日 13:20〜13:55 テレビ朝日

本当に、アッという間の35分でした。CMカットしたら正味25分、素晴らしい番組です(^_^)
今日のお衣装は、白いシャツと白いジャケット、黒っぽいパンツに、足元はスニーカー?徹子さんならではの切り口と西島さんのほんわかトークは、ファンなら知っていることもたくさん出てきて、とても楽しめました。

そして、もちろん期待膨らむ幼い頃の写真紹介。最初はガラスコップを持つ一歳の西島さん、ぷにぷにの手の可愛いこと!二人姉弟で似ているとか、綺麗なお姉さんなんですね。幼稚園時代の、踏ん張っているのに斜め立ち?の一枚、小学校2年生の海の写真、それから、中学時代の学ラン姿の一枚もありました、可愛い盛りから男の子らしく成長していく過程を見れてラッキー!アルバムから選ばれたのはお母様でしょうか。

横浜国大を中退した時、反対もなく俳優への道へ送り出しされたご両親には、やっぱり脱帽です。生産工学科が何たるかを知る前に、大学に通わなくなったというのは周知の事。
西島さんはお仕事に関して親から毎回言われる感想に、ムッとすることもあるとか・・自身を子供っぽいと評していらっしゃいました。
今日の徹子さんのおもしろトーク〜「桐朋は男子、女子と分れていて、あなた男子校だったんですって?」「はい、男子校・・」
聞くほうも聞くほうなら、答える西島さんも西島さん・・・
ぐんぐん引っ張ってくれる人が好き、奥さんもそういう人でいいらしい・・メモメモ。
[asunaro]
【関連ファイル】

【参考URL】
【更新時刻】 2007/08/26 16:06:24
【一言】 (→コメント追加)



tomatokechup
datebase : Others > TOP
 
TVガイド 【てれびがいど】

【分類】 [雑誌]
【関連語】

【レビュー】  →追加
(1) TVガイド 12月9日号
発行: 11月30日 東京ニュース通信社
種類: テレビ雑誌(週刊)

P120にドラマ「アンフェア」(10:00〜10:54)の情報が掲載されています。
西島さんは雑誌編集者役で出演。主役は篠原涼子さん。
[asunaro]
(2) TVガイド 5月21日→5月27日号
発行: 東京ニュース通信社
種類: テレビ雑誌

「一目でわかる7月の新ドラマ一覧表」が掲載されています。おととし放送された「菊次郎とさき」の続編が帰ってきます。26ページにちょっぴりの記事&写真(集合)あり。
[asunaro]
【関連ファイル】

【参考URL】
【更新時刻】 2007/08/27 23:26:58
【一言】 (→コメント追加)



tomatokechup
datebase : Others > TOP
 
TV CLIP 【てれびくりっぷ】

【分類】 [新聞記事等]
【関連語】

【レビュー】  →追加
(1) TV CLIP(産経新聞の別刷り)
発行: 2006年2月12日
種類: 新聞記事?

西島さんの大きな写真とインタビューがカラーで載っているそうです。
[asunaro]
【関連ファイル】

【参考URL】
【更新時刻】 2007/08/27 23:11:34
【一言】 (→コメント追加)



tomatokechup
datebase : Others > TOP
 
TVjapan 【てれびじゃぱん】

【分類】 [雑誌]
【関連語】

【レビュー】  →追加
(1) TVjapan 9月号
発行: 2006年 8月15日 東京ニュース通信社
種類: 雑誌(月刊)

P40〜41に「気がつけば、心の中に」と題した、冬吾と桜子(純情きらり)の新たな展開が掲載されています。また、脚本家浅野妙子さんとのインタビューも、興味深い内容です。
[asunaro]
【関連ファイル】

【参考URL】
【更新時刻】 2007/08/27 22:54:22
【一言】 (→コメント追加)



tomatokechup
datebase : Others > TOP
 
TV Taro 【てれびたろう】

【分類】 [雑誌]
【関連語】

【レビュー】  →追加
(1) TV Taro
発行: 月刊テレビタロウ 3月28日〜4月30日(2003年5月号)
種類: 雑誌

西島秀俊が語る北野映画「Dolls」のDVD化に伴うインタビュー掲載。大ファンである北野武監督のもと、楽しく撮影が進んでいったことなどが書かれていました。3枚のモノクロ写真も素敵です。
[asunaro]
【関連ファイル】

【参考URL】
【更新時刻】 2007/08/27 23:51:37
【一言】 (→コメント追加)



tomatokechup
datebase : Others > TOP
 
TVnavi 【てれびなび】

【分類】 [雑誌]
【関連語】

【レビュー】  →追加
(1) TVnavi 8月27日〜9月30日号
発行: 2006年 8月24日 産経新聞社
種類: 雑誌(月刊)

見どころは「永久保存版・1990〜2005年度別ベスト10、制作秘話、名場面集、不滅のドラマ主題歌160曲」。16年間の集計にも関わらず、10位に「あすなろ白書」の「TRUE LOVE」がランクイン!
[asunaro]
(2) TVnavi 2004年12月号
発行: 10/27〜11/30 (2004年12月号) 産経新聞社
種類: 雑誌(月刊誌)

「すっごい!気になる60人」で、P69に「大奥第一章」の家光に扮した写真とプロフィールが掲載されています。約6分の1のスペースですが、「あすなろ白書」から現在に至るまでの、西島さんのヒストリーが紹介されています。殿の写真も凛々しく、素敵な西島さんでした。
[asunaro]
【関連ファイル】

【参考URL】
【更新時刻】 2007/08/27 22:51:36
【一言】 (→コメント追加)



tomatokechup
datebase : Others > TOP
 
TV LIFE 【てれびらいふ】

【分類】 [雑誌]
【関連語】

【レビュー】  →追加
(1) TV LIFE 2月19日→3月4日
発行: 2005年3月4日号 Gakken
種類: 雑誌

ウーマンズ・ビートドラマスペシャル「溺れる人」で、西島さんがコメントを寄せていらっしゃいます。(45ページ左半分にあり)「夫は最初妻の症状を知らず、妻の変わりように戸惑います…」からお話される西島さんは、「家族や患者同士が支えあって乗り越えていく人間ドラマ」と説明、「1シーン1シーン真摯に演じた…」と結んでいらっしゃいました。
[asunaro]
【関連ファイル】

【参考URL】
【更新時刻】 2007/08/27 23:43:02
【一言】 (→コメント追加)



tomatokechup
datebase : Others > TOP
 
テレフォンショックング1993 【てれふぉんしょっきんぐ1993】

【分類】 [テレビ出演] [バラエティ番組]
【関連語】

【レビュー】  →追加
(1) ◆基本情報
1993年7月1日(木) 
フジテレビ 

6月30日のゲスト、深津絵里さんから西島さんへ、そして、7月2日の別所哲也さんへつないだようです。
[asunaro]
【関連ファイル】

【参考URL】
【更新時刻】 2007/08/26 17:19:55
【一言】 (→コメント追加)



tomatokechup
datebase : Others > TOP
 
テレフォンショッキング2002 【てれふぉんしょっきんぐ2002】

【分類】 [テレビ出演] [バラエティ番組]
【関連語】

【レビュー】  →追加
(1) ◆基本情報
2002年10月16日(水)
「笑っていいとも!」フジテレビ

菅野美穂さん→西島秀俊さん→三橋達也さん
お土産〜サントラCD、ジャンパーのDoolsグッズ一式

[asunaro]
(2) 「これは「Dolls」?」 「Dolls」ポスターです」「タケちゃん」 「はい」
「このタイプもあるんだ、あ、赤い、赤い」「はい、結ばれてる」
「結ばれてる」〜ここで例のごとくポスターを貼ります。
「花輪が来てますよ、Dolls」 「ありがとうございます」
「花束、お〜鈴木杏樹さん来てますね!いっぱい来てます」
「ありがとうございます」・・・・・

〜花の紹介が終わって、トークにもどります。
「菅野美穂ちゃんからメッセージで」 「はい」
「”おすぎさんが西島さんの事を好きとおっしゃってました”」
「(笑) ありがとうございます。はい、嬉しいです」
「”新作映画も楽しみにしてます。体に気を付けて頑張ってください”」
「あ〜ありがとうございます」
「おすぎと会った事ある?」 「いや、無いです」
「無い?」 「はい」 「好き」だ 「あ〜(笑)」 観客は大笑いです。 
「(付き合っちゃえば?」「おすぎなかなか良いよ」 「はい、素敵ですよね」
「素敵?」 「はい」 一同爆笑

〜ここでお土産を渡しそびれた西島」さんです。
「電報来てます、”笑っていいともご出演おめでとうございます。映画も良い作品のようですね、またアユタ、ハヤタ、エイタの顔見に来てください」
「はい、ありがとうございます。実家の近所の人ですかね」
「実家の近所?実家どこなの?」 「あの八王子です」
「良いね、近くて」 「はい、すぐ帰れます」
「中央線一本ですぐ帰れるんだ」 「はい。また行きます」
「西島くんいくつなった?」 「31に成りました」
「若く見えるね」 「いや、こんなで(笑)」
〜可愛い!!とお客さんのナイスツッコミ。
「可愛い、おすぎが好きって言う意味がよく分かるよ
「あ〜」とお客さんが賛同 「そうですか?(笑)、はい」
「八王子、ずっと八王子?産まれも育ちも」
「そうですね、はい」 「実家から通えるじゃん、八王子だったら」
「あ、通ってた頃もあったんです〜あ、それで、プレゼントが」 「早めに出して、早めに出ないとね。忘れて帰ったら困る」
「久石さんのまずサントラ、「Dolls」の」 「久石さんがやってるの?サントラ」
「あとですね、これあのDollsのスタッフジャンパー。これヨウジさんがデザインされてスタッフしか持ってないんで」

〜西島さんは何とかDoolsグッズ一式タモリさんに渡したのでした。

「タケちゃんどう?タケちゃん監督は」
「ああ、いや〜幸せでしたね、演出してもらって」
「タケちゃんどう?現場ではどうなの?俺映画の現場知らないんだけどタケちゃん」
「ん〜凄いシャイな方で」 「ふざけちゃいない?」 「全然」
「ふざけないタケちゃん見てみたいね)
「それでまあ時々こう、僕がまあボ〜としてると星の話とかこう、「あれがオリオン座で」
「星の話?」 「はい。僕も好きなんで”はぁ〜”って」
「タケちゃん星好きなの?ええ?いつ頃から星好きになったんだ?」
「いや、僕は知らない、僕ですか?」 「いやいやいやタケちゃん」
「いや知らないですけど(笑)」 「そうだよ、君に聞いても分かんないね」
「へぇ〜!?俺星座って全然言えない、一つくらいしか」
「はい、オリオン座と、「あれがシリウスで、シリウスと言うのは二重星で」って話をしてもらって”あ〜”って」
「分かんねえな、人は。星座って顔してないけどね、好きだってのね、俺随分前にあの海、海にあの夜行ったときに」
「はい」
「随分前でも4年くらい前か、防波堤でさこうやって寝てたんだよ、男8人くらいオヤジが」
「はい」 「それで凄い星が綺麗、伊豆でね綺麗でその内の1人が、やっぱ星座詳しい奴がいるんだよね」 「良いですよね、詳しいとホント」
「懐中電灯で説明してくれるんだよ、こうやって」 「そんな人いるんですね(笑)」
「懐中電灯で説明するっておかしな話だけど、これがね暗い所だとね懐中電灯の指す方向が分かるんだよ、あれが何座とかいうのが」 「何かにあたるんですか?」 「あたんないけど光の方向が見てるの、あんまり暗いから、あの方向がこっちかとか言うけどね。でそいつが詳しいんだよ全部言うんだよ、30分くらい」」
「あれ季節によっても違うんですよね」 「素敵だったよ〜この人ならあげても良いと思っちゃった、笑顔が良いね」 「(笑)ありがとうございます」
「他に何か、それ撮影の合間に星の話とかするわけ?」
「そうですね、あとコロッケ食べたりとか。コロッケが美味しいからって言って」
「あ〜、それどこのコロッケ?それロケ先のコロッケ?」
「うん、パンに挟んで、こう2人で食べたりとか、はい」 「タケちゃん?」
「はい。「こう美味いんだな」って、”はい美味しいです”」
「「ゆっくりした撮影現場なんだ?」
「そうですね、あの誰も怒鳴る人とかいないし、はい凄く穏やか〜に」
「コロッケパンって美味しい?」 「え?美味しいですよ、僕好きですけど」
「俺ね、見て、見て美味くて、美味そうで、食べてそうでも無いのの代表が2つあるんだけどね、焼きそばパンとコロッケパン」「僕両方好きですね」
「焼きそばパンてのも美味そうだけども、あれは別々に食った方がうまくない?以上にノド乾かない?何か」 「乾きます(笑)」 「全部の水分をあいつらが吸ってこうノド通らない?あれ。ねえ、あの焼きそばパンての」 「そうですね、確かにノド乾きますよね」
〜コロッケパンの話題で盛り上がっていました。

そして、名物客席アンケート
「あ、はい。ええと僕あの今回文楽をこの間見させてもらって凄い面白くて。で若い方も結構見に来てらして。何で、あの文楽を見た事がある方」・・・
「まあまあいるんだね、18人」 
「はい。いや面白いんですよ、ホント固唾(かたず)をのんで見るって感じ」
「面白かった。それでじゃぁあの「Dolls」の中でもあの、初めてこうカメラが文楽の所に入って撮ってる所があるんで是非興味ある方は、はい劇場の方にお願いします

こうして文字(やや、略あり)にしてみると、「はい」という答えが多い西島さんです。「ドールズ」のプロモーション活動の一環ですが、流暢じゃない西島さんのほのぼのトークが素敵です。電報の差出人がご近所の方!?西島さんのご実家っていい雰囲気ですね・・・。
[asunaro]
【関連ファイル】

【参考URL】
【更新時刻】 2007/08/26 17:13:23
【一言】 (→コメント追加)



tomatokechup
datebase : Others > TOP
 
テレフォンショッキング2006 【てれふぉんしょっきんぐ2006】

【分類】 [テレビ出演] [バラエティ番組]
【関連語】

【レビュー】  →追加
(1) ◆基本情報
2006年12月25日(月)
フジテレビ「笑っていいとも!」

仲間由起恵さん→西島秀俊さん→星野真理さん
お土産〜「アクターズファイル」「海でのはなし。」の本 大奥おせちのサンプル(本物は直接タモリさんに届くのだそう)

[asunaro]
(2) 満面の笑顔で楽しい時間でした。「大奥」公開真っ只中という事で、西島さんはその任務(?)をしっかり果たしていました。もちろん、フジ製作の映画なので、全面バックアップ体制です。「大奥」の話題が主でしたが、映画を観に行く時の話、その本数、クリスマスの地味な(?)過ごし方などなど・・、タモリさんも驚いていました。三回目の今回は、西島さんもリラックスされていたんでしょうか。会場アンケートの答えは0、ストラップは逃してしまいましたね。

[asunaro]
【関連ファイル】

【参考URL】
【更新時刻】 2007/08/26 17:07:06
【一言】 (→コメント追加)



tomatokechup
datebase : Others > TOP
 
てんとう虫 【てんとうむし】

【分類】 [雑誌]
【関連語】

【レビュー】  →追加
(1) てんとう虫 2005年6月号
発行: アダック
種類: UCカード会員限定の情報誌

この6月号P30〜33に、西島さんのインタビューが紹介されています。
写真は3枚、P30にはコンタクトレンズの有無まで確認できそうな位の大きなアップがあります。P32には全身の写真、白いシャツに黒のスーツ。最終ページは小さく満面の笑顔の西島さんがいたりして、充実の4ページとなっています。
「達成感がないくらいのほうが、作品の真芯にあたってたりもするんです」気鋭の監督たちがこぞって指名する西島さんの魅力の迫るべくインタビューに挑んだという進藤芳氏。しかしながら印象はふんわり、柔らか、優しいたたずまい!そう、その通りです。「何も考えずそのまま」が基本の西島さん、そのニュートラルな魅力が、監督を惹き付けている要因だと、進藤氏は分析しています。自分の好きなところ・・「嫌いな人がいないこと・・・」自分の嫌いなところ・・「ボンヤリでぐうたらなところ・・・」だそうです。西島さんらしい、素直なコメントに納得した〆となりました。
[asunaro]
【関連ファイル】

【参考URL】
【更新時刻】 2007/08/27 23:38:00
【一言】 (→コメント追加)

































トマトケチャップ:西島秀俊ファンサイト